皮革の歴史は非常に古く、素材として皮革が使われだしたのは遠く原始時代までさかのぼります。
 紀元前8000年頃、人々は、皮を煙でいぶらせて腐らぬようにし、さらに動物の脂を塗ったりして使っていました。紀元前3000年頃になると、皮を植物の汁につけることをはじめ、それによって着色したり、なめしたりするようになります。「なめす」というのは、皮をやわらかくし使いやすいものにするということで、皮革製造の中心になるものです。植物の汁の中には、その「なめす」働きをする「タンニン」が含まれているのです。
 その後、ヨーロッパやアメリカなどで、かしわの木の皮から、そのタンニンを取る方法が発見され、1760年に英国の「マックス・ブリッジ」が、皮をなめすのにタンニンエキスを使う方法を考え出しました。
 1858年には、クナップという人が、鉄、アルミニウム、クロムなどの金属を主とした薬品による「なめし」の方法を発見し、現在でもほとんどが「クロムなめし」という方法でなされています。
 日本では、大和時代、皮についた脂(あぶら)を取り除いただけの毛皮を、そのまま使っていました。それを「亜久利加波(あくりかわ)」といい、当時、鹿、カモシカ、猪、熊などの皮革類は「弓弭(ゆはず)の調(みつぎ)」と言って、朝廷への重要なみつぎものでした。
 飛鳥時代のはじめに、朝鮮半島から「熱皮師(おしかわし)」が渡来し、大陸の進んだ製皮技術を伝えました。さらに8世紀以後、皮革の技術者は、朝廷の役人の下につかえ、仕事をしながら技術を子孫に伝えていったのです。
 自然が創造した芸術品とまでいわれる皮革は、その豪華さや手ざわり、耐久性や通気性の優秀さから、いつの時代も変わることなく私たちのくらしと共にあり続けたのです。




Copyright(C) 2005 そうか革職人会 All rights reserved.

SEO対策を盛り込んだホームページ・WEB制作とレンタルサーバー・動画配信のフーパーコムシス