埼玉県草加市は、知るひとぞ知る皮革産業のメッカ。そうか革職人会には、皮革の鞣しや染色から様々な革製品の製造業まで、熟練の技を持った職人達が揃っています。 
相性ぴったりの靴、いつも持ち歩いているお財布、お気に入りのバッグは、どんな人達が作っているのでしょうか?
職人達をクローズアップしました。



第三回 有限会社鈴仙 鈴木 功(すずき いさお)

素材、デザイン、機能性、一つとして妥協しないこだわりのもの作り。「ワニの鈴仙」と言われる程、クロコダイルの加工には卓越した技術を持ち、エコロジーにも力を入れている。

第二回 パーツメイト 斉藤 潤(さいとう じゅん)

プレス裁断用抜き型の製造販売業。皮革製品等・装飾小物製造に適している、スエーデン鋼抜き型が主力商品。各ニーズの全てに対応できるように日々研究の毎日!

第一回 株式会社メシエ 茂垣 隆生(もがき たかお)

市場で売られる多くの革製品のバッグや小物のファーストサンプルの製作などを請け負っている。デパートや百貨店で見かけるオシャレなバッグも、もしかしたらメシエで生まれたものかも!?

今後も次々と革職人会所属の職人が登場します。お楽しみに!





Copyright(C) 2005 そうか革職人会 All rights reserved.