皮革は、人間の肌と同じように一つずつ、また部位(背や腹等)によっても厚みやキメ細かさ といった外観、革質に違いがあります。皮革製品は、何匹かの類似した部分をつなぎあわせて作るため、 同じデザインの同じカラーでも色目や外観に若干の違いが生じます。それゆえ、繊維製品と比べ、個性も1枚ず つ異なります。

 

種 類

特        徴

うし カーフ 生後6ヶ月以内の子牛原皮を製皮したもの。牛革中のトップクラス。繊維組織が緻密でキメ細かく柔らかい。高級革製品の材料として使用。
キップ 生後6ヶ月から2年くらいのもの。カーフより粗くなるが、厚みがあり強さが増す。
カ ウ 生後2年以上のメスの成牛のもの。
ステア 生後3〜6ヶ月以内に去勢したオスで生後2年以上経ったもの。皮の厚みが平均してる。
ブ ル 生後3年以上のオスの成牛の皮。厚手にはなるが粗さが目立つ。
うま 牛革に比べ繊維構造が粗く、薄くて摩擦抵抗はやや劣る。原皮が大きく、なめらかで,靴や裏革などに使われる。子馬の革はポニーと呼ばれる。馬の尻の部分はコードバンと呼ばれ繊維が緻密で美しい光沢をもつ。
ぶた ピッグスキンと呼ばれる。他の革に比べ摩擦耗性に優れている。革の表面に毛穴が3つずつ並んでいるのが特徴。
ひつじ 一般にシープと呼ばれる。子羊の革はラムスキンと呼ばれ軽く、柔らかく防寒材料として優れている。皮質が海面状になっていて手触りがよい。
やぎ ゴートと呼ばれ、子山羊の革はキッドと呼ばれる。毛穴の形に特徴があり、薄く、柔軟性に富み丈夫で型崩れもしにくい。
カンガルー カーフより上質で、丈夫かつしなやか。伸びて変形しない。
トナカイ カリブ・スキンと呼ばれる希少品。非常に軽いのが特徴。
しか 鱈油などで油なめししたものをセーム革という。柔らかで手触りがよく、耐水性があり洗濯がきく。
ダチョー オーストリッチと呼ばれる。毛を抜いた後の丸い風合いが特徴。
ゾウ 独特のしわと、細かく丸い粒子のきめに特徴がある。強くて丈夫。
カバ マット調(つや消し)に仕上がったソフトな風合いが特徴。
アザラシ しわとキメの美しさは抜群。
ワニ クロコダイルが最高品。背の凹凸の隆起など全体にわたり引き締まった鱗片をしている。鱗片の数が多く、美しい配列のものが珍重される。
トカゲ リザードと呼ばれる。皮質は丈夫で重厚さがある。
ヘビ 全身に美しい班紋のある錦ヘビ(パイソン)が主流。斑紋がダイヤ型の連続模様のものをダイヤモンド・パイソンと呼び、石垣状の不規則なものをモラレス・パイソンという。

サメ

シャークスキンと呼ばれる。美しい小じわと優れた耐摩擦性が特徴である。


Copyright(C) 2005 そうか革職人会 All rights reserved.

SEO対策を盛り込んだホームページ・WEB制作とレンタルサーバー・動画配信のフーパーコムシス